ここから本文です

川崎「俺は世界一の幸せ者」一日遅れのシャンパンファイトに喜びを爆発

スポーツ報知 9月18日(日)6時6分配信

◆カブス5x―4ブルワーズ(16日・シカゴ)

 カブスの川崎宗則内野手(35)が16日、本拠のブルワーズ戦に「8番・二塁」で今季初先発。一日遅れのシャンパンファイトに喜びを爆発させた。

 前夜の地区優勝決定はナインが自宅に帰ってからだった。この日は延長10回、モンテロがサヨナラ本塁打。川崎をはじめカブスの全選手がベンチから飛び出した。祝杯はクラブハウスで始まったが、すぐに超満員の地元ファンが待つグラウンドで喜び合った。

 昨年所属したブルージェイズに続く2年連続の美酒に酔った川崎は「一つの目標に向かって、皆で騒げるのは最高。こんないいことはない。しかもアメリカだよ。俺は世界一の幸せ者」と目を赤くした。

 地区優勝一番乗りに、マドン監督は「自分のコンセプトが浸透し、信頼し合って素晴らしい仲間になってくれた」とナインを称賛。そして、71年ぶりのリーグ優勝、108年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指し、再びスイッチを入れ直していく。

最終更新:9月18日(日)6時6分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報