ここから本文です

人気子役でフィギュア選手の本田紗来が人生初のラブレター、お相手は?

オリコン 9月17日(土)14時5分配信

 人気子役でフィギュアスケーターとしても活躍する本田紗来が17日、東京・JPタワーKITTEで開催されているイベント『秋のメッセージフェスタ~2016~in KITTE』のオープニングセレモニーに登場。生まれて初めて書いたというラブレターを朗読し、愛犬の“ココ”に「いつもお散歩、一緒にしてくれてありがとう」と思いを届けた。

【写真】ぽすくまと一緒にキュートなダンスを披露する本田紗来

 同イベントは手紙をテーマにしたフェスタ。女優でフィギュアスケート選手の本田望結の妹である本田は、同じステージに登場した日本郵便のオリジナルキャラクター・ぽすくまとその仲間たちを見回し、「みんな大好き!」と笑顔を見せた。

 同セレモニーでは、本田がぽすくまたちと新作のぽすくまダンス「ぽすくまポッス―!」を踊る一幕も。本田はダンスの振り付けのお姉さんに振り付けを学び、その後、ぽすくまたちとダンス。ノーミスで踊りきり、「(フィギュアの)試合より、ぽすくまと踊るほうが楽しかったです!」と満面の笑み。

 同イベントのテーマに掛けて、MCからは手紙にまつわる質問も。本田は普段から手紙を書くことは多いようで、「スケートの友達や、お父さんやお母さん、(本田)真凜お姉ちゃんとかお兄ちゃん、望結お姉ちゃんに出したりしています」と説明。もらって最もうれしかったのは、今夏のフィギュアの合宿で姉の真凜からもらった手紙で、「“がんばれ”とか何行も書いてくれていてうれしかったです」と照れくさそうな様子で明かした。

 セレモニーの終盤には、本田が生まれて初めて書いたというラブレターを披露。愛犬の“ココ”宛てに書かれたもので、朗読後、会場は盛大な拍手に包まれた。以下その全文を紹介。

「家に来てくれてありがとう。私がお父さんとお母さんにどうしてもお願いして、家に来てくれたよね。ある日、家に帰ってきたとき、真凜お姉ちゃんと仲良く遊んでいるのを見てとてもびっくりしましたよ。あなたが家に来てくれて、すぐに真凜お姉ちゃんが世界ジュニアに勝ちました。だからいつも頼りにしています。私もスケート頑張るから、これからもよろしくね。あなたのココという名前は、ここからもう一度始めようって思いで、お父さんとお母さんが名前をつけました。いつもお散歩一緒にしてくれてありがとう。紗来はココのことが大好きです。ココへ。紗来より」

 同イベントの開催は19日までの3日間。手紙にまつわるさまざまな楽しいブースが設置されているほか、手紙を書くのが楽しくなる各種「ワークショップ」も開かれる。

最終更新:9月17日(土)14時5分

オリコン