ここから本文です

濱田岳、“恩師”武田鉄矢とCM初共演 「一人前」の太鼓判に感慨

オリコン 9月17日(土)20時14分配信

 TBS系ドラマ『3年B組金八先生』で共演した俳優の武田鉄矢(67)と濱田岳(28)の師弟コンビが、カップ麺『マルちゃん 赤いきつねと緑のたぬき』の新CM(19日放送開始)で共演。思わぬ再会に、感慨深げな二人だった。

【動画】マルちゃん 赤いきつねと緑のたぬき新CM「それ今!?巨大タコ」篇

 同商品発売当初から38年間、CMキャラクターを務めている武田は「このCMの中で私の教え子と共演できることはうれしい」と破顔。「今でこそニコニコ笑ってるけど、先生の時はお前のことを呼び出して、ガナリまくってたよな。いろいろ苦労している話も聞いていたけど、いまは苦労がすべて実ったよな」と、教え子の飛躍ぶりに目を細めた。

 恩師から「一人前に成長した」と太鼓判を押され、涙をこらえる様子をみせた濱田は「先生と生徒という絶対的な関係ではあったので、(CM共演は)卒業生の気分」と感無量の様子。「いまやっと会えて『先生、あのときは怖かったっすね!』なんてやっと言える関係ですね。そういう意味でもホッとしています」と心境を明かしていた。

 「それ今!?巨大タコ篇」と題した新CMで“先輩・後輩”の役柄を務めた2人。海中探査中に巨大なタコに遭遇し、絶体絶命の緊迫した状況をコミカルに演じている。

最終更新:9月17日(土)20時14分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。