ここから本文です

【GOLF】T.ルーと全美貞が首位並走! 成田は4打差3位

ISM 9月17日(土)16時41分配信

 国内女子ツアーのマンシングウェアレディース東海クラシックは17日、愛知県の新南愛知CC 美浜Cで第2ラウンドの競技を終了。この日「63」をマークしたテレサ・ルー(台)と「64」で回った全美貞(韓)がリーダーボードのトップに立った。

 ビッグスコアを叩き出し、通算16アンダーで首位タイを分け合ったのは外国勢2人。1打差の3位から出たルーは10バーディ、1ボギーで上り、ツアー24勝目を狙う全美貞はバーディを8つ量産し、共に今季2勝目に王手をかけた。

 首位タイから出た成田は美寿々は5バーディ、1ボギーの4アンダー68をマーク。通算12アンダーの単独3位で、首位との4打差を追って最終日を迎える。また、ディフェンディング・チャンピオンのキム・ハヌル(韓)は通算10アンダー4位につけている。

 その他上位には、通算9アンダー5位タイにツアー7勝の飯島茜や永峰咲希ら。1打差の8位タイには地元愛知県出身の服部真夕と豊永志帆が並んでいる。今季2勝の笠りつ子は通算7アンダーの10位タイで、賞金ランキング首位独走中のイ・ボミ(韓)は通算6アンダー16位タイとなっている。

最終更新:9月17日(土)16時56分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]