ここから本文です

表紙に向井地美音ら7人登場!AKBじゃんけん本23日発売

サンケイスポーツ 9月17日(土)9時24分配信

 10月10日に神戸ワールド記念ホールで開催される第7回AKB48じゃんけん大会を特集する「AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック2016」(光文社)が、23日に発売される。

 過去の大会は優勝者に新曲のセンターやソロデビューの権利が与えられたが、今年は上位7人がユニットとしてCDデビューできる。

 表紙は向井地美音(18)、岡田奈々(18)、高橋朱里(18)、小嶋真子(19)、川本紗矢(18)、込山榛香(18)、後藤萌咲(15)の7人が登場。「まゆゆきりん」こと渡辺麻友(22)と柏木由紀(25)が選ぶ「王道アイドル選抜」ほか、メンバーによるユニット予想も掲載される。

 大会で1回戦シードから登場する「みーおん」こと向井地は「私はお肉が大好きで、ラッキーナンバーも『29』って言っているぐらいなんですけど、抽選会で引いた番号が『29』で、しかもシードでした!」と大喜び。

 初の関西開催となるが、「関西といえば串カツがあるし、神戸はやっぱり、神戸牛じゃないですか! しっかりと関西の肉料理を食べて、当日はパワー全開でいきます。今年は勝てそうな気がしているんですよ」とご当地フードも心待ちにして意気込んだ。

最終更新:9月17日(土)9時24分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。