ここから本文です

蓮舫代表 二重国籍問題「二転三転のイメージ与えおわび申し上げる」 本名の「村田蓮舫」で活動には「参考に」

産経新聞 9月17日(土)9時17分配信

 民進党の蓮舫代表は17日午前、読売テレビの番組で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」に関する自身の発言が何度も変わったことについて「二転三転のイメージを与えてしまったことは率直におわびを申し上げる」と述べた。

 また司会者から「もうタレントでもない。普通、(国会議員は)名字と名前で政治活動をしているので、代表就任を機に本名の『村田蓮舫』にする考えはないか」と問われると、「ただやっぱり、昔の父の姓だったとき、その後母の姓になって、その後夫の姓になって、その中ずっと変わらなかったのは私の『蓮舫』という名前」と説明。「この名前には台湾の祖母の深い思い入れがある。私にとってはとても大切なもので今まで譲らないできたが、いろんな声があると思うので参考にさせてください」とし、具体的な考えは示さなかった。

最終更新:9月17日(土)12時3分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。