ここから本文です

上位勢は“メルセデス1強”とは異なる混戦/シンガポールGP

サンケイスポーツ 9月17日(土)10時1分配信

 F1世界選手権第15戦シンガポールGPフリー走行2回目(16日、シンガポール市街地コース=1周5・065キロ▼ドライ)2回のフリー走行を行い、1回目はレッドブル・ルノー勢がワンツー、2回目はメルセデス、フェラーリ、レッドブル・ルノーが3位までを分け合い、通常の“メルセデス1強”とは異なる混戦模様となった。市街地コースで好結果が期待されるマクラーレン・ホンダは2選手にマシントラブルが発生。フェルナンド・アロンソ(35)=スペイン=が11、9位、ジェンソン・バトン(36)=英国=が16、12位だった。

最終更新:9月17日(土)10時1分

サンケイスポーツ