ここから本文です

【ローズS】得意の9Fでフロム反撃

サンケイスポーツ 9月17日(土)11時46分配信

 TRでこそのタイプが、額面どおりのパフォーマンスを披露することが少なくないレースだ。近年でも06年2着シェルズレイ、08年1着マイネレーツェル、10年1着アニメイトバイオ、2着ワイルドラズベリー、11年2着マイネイサベル、そして昨年1着のタッチングスピーチなど、狙うなら“いかにも”のタイプだ。

 春、同じ1800メートルのオークスTRスイートピーSで2着に食い込んだフロムマイハートを◎に抜擢する。好位でうまく立ち回り、勝ったジェラシーとはクビ差だった。距離が長いオークスは16着大敗だったが、9Fに限れば【2・3・0・0】と、この馬以上のスペシャリストはいない。

 「けいこの動きも良く、体もふっくら。長距離輸送は体を減らすので当日輸送のほうがいい。とにかく競馬が上手で9Fがベスト。器用なので多少の道悪もこなせると思う。GI馬2頭が後ろからだから、自在に動ける強みを生かしたい」と前川助手。

 初めてコンビを組む和田騎手も「乗りやすいし、どんな競馬でもできそうなタイプだね」とニヤリ。大逆転を狙っている。

 “究極の3連単”はフロムを1着に固定。2着にシンハライト、ジュエラーを置いた12点で万馬券いただきだ。(夕刊フジ)

最終更新:9月17日(土)11時46分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]