ここから本文です

【セントライト記念】潜在能力高いパーシスト

サンケイスポーツ 9月17日(土)11時47分配信

 “D撃破”の超難題は未知なる魅力に託す。ステイパーシストの潜在能力を買う。

 父ステイゴールドは01年香港ヴァーズ、祖母の兄オグリキャップは90年有馬記念と引退戦でV。血統背景から否が応でも晩成型の匂いが漂う。鮮やかに復帰Vを飾った前走にしても“まだまだ”の状態だったと、尾関調教師は述懐する。

 「パドックを見ていてもトモはまだひ弱な感じで、まだまだ絶好調とは言えなかった」。そんな状況下で、しかも内に閉じ込められながら最速の上がり3F33秒8でスパッと突き抜けてきたあたり、かなりの素材だ。

 前記で触れた血統からも、確かに本当に良くなるのは古馬になって以降だろう。それでも“早い段階での狙い撃ち”を抑え切れないのは、随所に見せてきた強烈なパフォーマンスからだ。

 前走はもちろん、昨暮れの未勝利Vがなかなかの衝撃度だった。2着との0秒6差は昨年行われた中山芝2000メートルの2歳戦でNo.2。0秒7でNo.1だったウムブルフは今夏の札幌日刊スポーツ杯を0秒8差で大楽勝している。

 早い段階からパーシストの資質を見抜いていたトレーナーも、「ホントに完調ならば権利を取って、本番でも楽しめるポテンシャルはある。今の段階でもGI馬以外にヒケを取らないのでは」と期待の高さを覗かせる。

 1度使ったことで想像を超えた伸びしろがあるなら…。春より調整は順調といってもTR仕上げには違いない、その皐月賞馬ディーマジェスティにひと泡吹かせる場面があっても不思議はない。

 といいつつ、“究極の3連単”は“D”に敬意を払い、1・2着にパーシストとディーマジェスティを固定。夢と現実を混ぜた計10点だ。(夕刊フジ)

最終更新:9月17日(土)11時47分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。