ここから本文です

女子代表の新監督に馬場美香氏 卓球

産経新聞 9月17日(土)18時58分配信

 日本卓球協会は17日、東京都内で理事会を開き、女子代表の新監督に日本協会参事の馬場美香氏(51)の就任を承認した。男子代表の倉嶋洋介監督(40)の続投も決まった。ともに契約は4年間。

 馬場氏は現役時代に全日本選手権女子シングルスを7度制し、五輪2大会に出場。昨年までの一時期、福原愛(ANA)の個人コーチを務めた。村上恭和前女子代表監督が辞任の意向を示したこともあり、星野一朗専務理事は「2020年に向けて人心を一新しようということになった」と説明した。

 理事会ではまた、リオ五輪で銀メダルを獲得した男子団体に各100万円、銅メダルの女子団体に各40万円、男子シングルス銅メダルの水谷隼(ビーコン・ラボ)に200万円の報奨金を規定通り支給することも決めた。

最終更新:9月17日(土)18時58分

産経新聞