ここから本文です

Kalafina、武道館公演最終日でファン1万人魅了

サンケイスポーツ 9月17日(土)20時0分配信

 女性3人組、Kalafinaが17日、東京・日本武道館で「Kalafina Arena LIVE 2016」公演最終日を飾った。

 9月10、11日と神戸ワールド記念ホールで幕開け。東京公演となる武道館は昨年に続き2回目となった。

 前日16日も行っており、Keiko(年齢非公表)は、公演前「(武道館は)2回目なんですが初めてと思って(ステージに)あがりました。(終演後)お客さまのアンケートを読んでいたら朝になっちゃって…5時まで眠れませんでした」と告白。だが「悔いのないように立ちます。楽しみたい」と抱負を述べた。「お客さまに音楽を通じて心の旅をしていただきたい。どこかで自分の心に問いかけたり、向き合う時間が1曲でもあればいいなって」とコメント。

 見どころについてHikaru(年齢非公表)は「Kalafinaはジャンルにとらわれずいろんな楽曲を歌っていて、それぞれ自分たちの声の特徴を意識しながら歌っていますが、(今回)持ち味が出る楽曲を一人ずつピックアップし、演出でも取り入れています」などとアピールした。

 Keikoも「(ステージで)ここまで一人一人をフィーチャーしたような作り込みはしてこなかったので、新たな挑戦。それぞれの声をそれぞれの見せ方でというのは初めて」と話していた。

 公演では新曲「blaze」などアンコールを含め22曲を歌唱。熱いステージで1万人を魅了した。

最終更新:9月17日(土)20時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。