ここから本文です

「刑務所に入りたかった」 大阪城の爆破予告メール 容疑で40歳男を逮捕

産経新聞 9月17日(土)23時19分配信

 大阪城天守閣(大阪市中央区)や通天閣(浪速区)などの爆破予告メールを大阪府警に送ったとして、府警捜査1課は17日、威力業務妨害容疑で住所不定、無職、柴田勝樹容疑者(40)を逮捕した。「お金がなく、他人を傷つけずに刑務所に入りたかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は16日午前8時40分ごろ、大阪市内のインターネットカフェのパソコンで、府警のホームページに「大阪城天守閣、通天閣展望台、大阪市役所内女子トイレに爆弾を仕掛けた。爆弾処理班よ、解除してみろ」などとメールを送り、府警の業務を妨害したとしている。

 捜査1課によると、府警は大阪城天守閣や通天閣で不審物を捜したり、パトロールを強化したりしたが、客が避難することはなかった。柴田容疑者は17日朝、府警西署に出頭したという。

最終更新:9月17日(土)23時19分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。