ここから本文です

アデル、エイミー・ワインハウスの誕生日をお祝い

BARKS 9月19日(月)0時35分配信

アデルは、エイミー・ワインハウスの誕生日(9月14日)にお祝いのツイートを残し、その夜行われた公演で彼女へ曲を捧げた。

◆アデル画像

アデルは、エイミーの笑顔の写真とともに「Happy Birthday Amy X 」とつぶやき、米ボストンで開かれた公演で、彼女を天才と賞賛、大きなインスピレーションをもらったと話した後、デビュー・アルバム『19』に収録したボブ・ディランのカバー「Make You Feel My Love」をパフォーマンスしたそうだ。

アデルは、オーディエンスへ向けこう話したという。「私は、自分のキャリアの90パーセントは彼女に負うものだと感じているの。彼女のファースト・アルバム『Frank』は…、あのアルバムは本当に私の人生を変えたのよ。彼女のおかげで、私はギターを手にし、彼女のおかげで、私は曲を書き始めた。彼女がいなかったら、それは起きなかったかもしれない。彼女のこと、最高にクールなマザーフ**カーだと思ってた。彼女が遺した音楽すべてに大満足よ。だって、天才だもの。でも、彼女の新しい音楽が聴けたらなって、毎日思ってる。今夜、この曲をエイミー・ワインハウスへ捧げます。Make You Feel My Love(あなたに私の愛を感じさせる)。私たち、あなたを愛している。これからもずっと」

アデルはこれまで何度も、エイミーの影響がどれほど大きかったか、彼女をどれだけリスペクトしているかーー機会があるごとに語ってきた。

水曜日(14日)は、エイミーの33回目の誕生日だった。

Ako Suzuki

最終更新:9月19日(月)0時35分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。