ここから本文です

日経平均は神経質な動きの中にも底堅さ。20、21日の日米金融政策決定会合でどう動く?

投信1 9/17(土) 16:20配信

20、21日に開かれる日米金融政策決定会合に注目

2016年9月16日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より114円28銭高の16,519円29銭となりました。3営業日ぶりの反発です。

15日の米ダウ工業株30種平均が3日ぶりに上昇した流れを受けました。16日から発売となった米アップルの「iPhonei(アイフォーン)7」の販売が好調なことから、電子部品関連企業の株が買われました。

今週の日経平均株価は週初から反落しました。世界的な長期金利の上昇懸念から9日の米国株が大幅安となり日本株に対する投資家心理も悪化しました。

また、来週20、21日に的に日米の金融政策決定会合が予定されていることから、積極的な売買は控えられ、力のない動きとなりました。じりじりと値を下げる展開となり、15日には一時、16,300円台となりました。16、300円台になるのは8月26日以来です。

ただ、週末には、落ち着きを取り戻しました。米国では、利上げ時期を巡り神経質な展開が続いています。FRB理事やFOMC委員などの発言に振り回されているような状況です。市場では9月の利上げは見送られるものの、12月には利上げが行われるとの見方が濃厚です。

日銀は20、21日の金融政策決定会合で、異次元緩和の「総括的な検証」をまとめる予定です。2%の物価上昇の達成が厳しくなっていることから、マイナス金利を拡大する方向です。さらに、超長期金利の低下により、機関投資家などの利ざやが減る副作用を抑えるために、超長期国債の買い入れを抑えるとされます。長期と短期の金利差を広げるのが狙いです。

来週、まずは日米両国の金融政策決定会合に注目したいところです。ただし、20日、22日は祝日で、米国の結果がわかるのは22日の未明になります。立ち会いは3日しかありません。さらに、シルバーウィークということもあり、商いが薄くなることも考えられます。急な値動きに注意しましょう。

1/2ページ

最終更新:9/18(日) 13:15

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。