ここから本文です

「自白をしないと叩く」「踏み字」・・・冤罪事件“志布志事件”とは

AbemaTIMES 9/17(土) 15:00配信

志布志事件とは、2003年に鹿児島県議選をめぐり、13人もの住人が選挙違反の疑いをかけられ、身に覚えのない自白を迫られた冤罪事件のこと。中心となったのは当時初当選した議員と旅館経営者、主婦など、ごく普通の住人だった。

警察官以外だれもいない取り調べで、「自白をしないと叩くぞ」「自白をすれば早く帰れるぞ」さらに「正直に言わないと家族も取り調べるぞ」などの言葉を浴びせられ、精神的、肉体的に追い詰めて自白を強要したと言われている。

さらに「踏み字」と言われる取り調べもあったという。警察官は身内からの手紙に見立てて「お前をそんな息子に育てた覚えはない」「こんな男に娘を嫁にやった覚えはない」「早く正直なじいちゃんになって」と書いた紙を用意し、踏むことを命じた。嫌がると力ずくで踏むことを強制させたという。

そんな取り調べが1日10時間10日連続で続いたという人もいた。そのような強引な取り調べに耐えかね、嘘の自白をした人、体調を悪くして入院した人、さらに自殺を考えた人もいた。そうした取り調べを経て、裁判で提出された証拠は自白を中心とした、供述調書のみだった。最終的に供述調書の信用性がないと判断され、住人全員の判決は無罪となった。

最終更新:9/17(土) 15:00

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。