ここから本文です

【TGS2016】渡り歩け、仮想現実ッ! 気になったVR関連ブースまとめ

ギズモード・ジャパン 9月17日(土)11時30分配信

仮想世界を巡る!

今年はVR元年ということで、現在開催中の東京ゲームショウ2016の中でも特にVR関連のブースが注目されています。この、ハードウェア黎明期ともいえる時期はなんともいえない過渡期な雰囲気があって趣深いものです。

アイドル、電流、カードゲームにホラーなどなど、今年は本当に多くのVRコンテンツが発表されました。どれもVRゲーの一言でくくるにはあまりにも個性が強すぎて、これジャンル分けするとしたら大変だろうなと老婆心ながら思った次第です。というかVR×アイドルってジャンルが確定しそうなのもすごいことよ。

そんなVRブースの中から、いくつか気になったものをざっくりふんわりピックアップして紹介したいと思います。まずは積木製作の「BLAST×BLAST」。

HTC Viveを装着し、コントローラーを両手に、迫り来る敵を撃破していくアトラクション形式のシューティングゲームです。攻撃方法がショットとレーザーソードの2種類から選べ、それに応じて立ち回りも異なるというのが面白い。

お次はその右側に展示されていた、講談社によるVR Idol Stars Project「Hop Step Sing!」。とにかく可愛い。

アニメ「シドニアの騎士」を製作したポリゴン・ピクチュアズがVRミュージッククリップを手がけており、やはりその美麗さは目を引くものがあります。ダンスモーションも非常になめらかで、アイドルたちが手前に寄ってくるシーンではリアルに照れてしまうほど。

VR×アイドルの引き出しはまだまだ安泰だなと期待がもてますね。

こちらは株式会社よむネコが開発したVR脱出ゲーム「エニグマスフィア~透明球の謎~」。

同じVR空間にいる誰かと協力して進むというコンセプトで、試遊している人たちはお互いがゴーグルで見えない中でなんとか意思の疎通をはかろうと頑張っていました。マルチプレイとVRは相性も良さげですし、このジャンルも伸びしろは充分。

1/2ページ

最終更新:9月17日(土)11時30分

ギズモード・ジャパン