ここから本文です

【ブラジル】銀行側7%調整提示 組合側は受け入れず

サンパウロ新聞 9月17日(土)4時5分配信

 【既報関連】全国金融機関労働者連合(Contraf)によると全国銀行連盟(Fenaban)は9日、組合側の賃上げ要求に対する新たな回答として、当初示した6.5%から0.5ポイント高の7.0%という引き上げ率を提示した。銀行側の回答と組合側の要求の間にはまだ大きな開きがあることから、6日から続いている銀行員らによるストライキはまだ続くことになりそうだ。伯メディアが9日付で伝えた。

 ストの影響によって閉鎖されている全国各地の銀行の店舗は、全国金融機関労働者連合によると、8日時点で8454店舗に上っており、これらのほかに38の管理センターが業務を停止している。また、9日午後1時半の報道時点では、銀行員らによるストライキは首都ブラジリアと25の州で行われている。2015年10月のストはブラジリアと24の州で21日間にわたって実施された。

サンパウロ新聞

最終更新:9月17日(土)4時5分

サンパウロ新聞