ここから本文です

セトップタイ15勝の広島・野村、最多勝は「ジョンソンと一緒に取れれば」

Full-Count 9/17(土) 7:40配信

7回無失点で15勝目、「みんなで挙げた勝利」

 広島の野村祐輔投手が16日の中日戦に先発し、7回無失点の好投で最多勝争いのトップに並ぶ15勝目を挙げた。お立ち台に立った野村は、チームの同僚と争うタイトルについて「ジョンソンと一緒に取れればいいと思います」と切磋琢磨を誓った。

リーグトップタイ15勝目の野村祐輔…今シーズンの成績

 7イニング、ちょうど100球を投げて、散発の4安打、1四球。1死までに安打で出した走者は、全て併殺打で打ち取るなど、完璧と言える内容だった。野村は、「前回が今ひとつの内容だったので、今日はしっかり投げたいと思った。前回よりも、フォームも内容もよかったと思う」と、好投を自画自賛した。

 3回に一挙6点の援護をもらい、「打者が点を取ってくれたので、(ストライクゾーンを)大きく投げられた。点差があるなしは意識しないで、テンポを大事にして投げた。野手がしっかり守ってくれたので、投げやすい環境にしてもらった」と、攻守で後押ししたバックに感謝した。

 シーズン自己最多となる勝利数は、15勝まで伸びた。ここでも野村は、「僕ひとりだけでなく、チーム全員の勝ち。みんなで挙げた勝利だと思っている」と謙虚だった。

「クライマックスシリーズに向けて、いい準備になったと思う」という5年目の右腕は、ジョンソンとの左右の両輪で、ポストシーズンの先発の軸となる。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:9/17(土) 7:40

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]