ここから本文です

セトップタイ15勝の広島・野村、最多勝は「ジョンソンと一緒に取れれば」

Full-Count 9月17日(土)7時40分配信

7回無失点で15勝目、「みんなで挙げた勝利」

 広島の野村祐輔投手が16日の中日戦に先発し、7回無失点の好投で最多勝争いのトップに並ぶ15勝目を挙げた。お立ち台に立った野村は、チームの同僚と争うタイトルについて「ジョンソンと一緒に取れればいいと思います」と切磋琢磨を誓った。

リーグトップタイ15勝目の野村祐輔…今シーズンの成績

 7イニング、ちょうど100球を投げて、散発の4安打、1四球。1死までに安打で出した走者は、全て併殺打で打ち取るなど、完璧と言える内容だった。野村は、「前回が今ひとつの内容だったので、今日はしっかり投げたいと思った。前回よりも、フォームも内容もよかったと思う」と、好投を自画自賛した。

 3回に一挙6点の援護をもらい、「打者が点を取ってくれたので、(ストライクゾーンを)大きく投げられた。点差があるなしは意識しないで、テンポを大事にして投げた。野手がしっかり守ってくれたので、投げやすい環境にしてもらった」と、攻守で後押ししたバックに感謝した。

 シーズン自己最多となる勝利数は、15勝まで伸びた。ここでも野村は、「僕ひとりだけでなく、チーム全員の勝ち。みんなで挙げた勝利だと思っている」と謙虚だった。

「クライマックスシリーズに向けて、いい準備になったと思う」という5年目の右腕は、ジョンソンとの左右の両輪で、ポストシーズンの先発の軸となる。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:9月17日(土)7時40分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]