ここから本文です

いつまでもお元気で-小中高生がお年寄りにメッセージ

両丹日日新聞 9/17(土) 15:21配信

 いつまでもお元気で-。福知山市大江町内の全小学、中学、高校の児童、生徒たちが、町内のお年寄りたちに、心温まる言葉をつづったメッセージカードを作った。18日から始まる各地区の敬老会などで、70歳以上の人たちに渡される。

 地域の発展に尽くしているお年寄りたちに感謝の気持ちを伝えることが目的で、小・中・高の学校が連携する取り組みとして毎年この時期に贈っている。

 カードはA5~B6サイズで、約1500枚作った。美河、美鈴、有仁の3小学校と大江中学校、京都府立大江高校の計601人が「お体に気をつけてください」「毎日あいさつしてくださってありがとうございます」「文化祭にお越しください」などのメッセージを書いている。

 16日には同町波美の大江中学校でカードの贈呈式があり、各校の代表児童、生徒8人が、町内の公民館長5人と自治会長2人にカードを入れた箱を手渡した。

 大江高2年の西田玲奈さんは「一人ひとりの思いがお年寄りのみなさんに伝わるとうれしい」と話していた。

 今西博光・有路下公民館長(68)は「こうして連携してやられていることは珍しく、本当にうれしい。敬老会ではメッセージとともに、みなさんの気持ちも伝えたい」と喜んでいた。

両丹日日新聞社

最終更新:9/17(土) 15:21

両丹日日新聞