ここから本文です

非常に強い台風16号 進路を東寄りへ 連休明けには本州へ接近のおそれ

ウェザーマップ 9月17日(土)16時52分配信

 17日(土)の日中に先島諸島に最接近した台風16号は、非常に強い勢力で与那国島の北の海上を北上している。先島諸島では、17日夜のはじめ頃にかけて暴風、17日夜遅くにかけて高波、土砂災害に警戒が必要だ。また、台風は今後進路を東よりに変え、20日(火)から21日(水)には九州を中心とする西日本に接近するおそれがある。

 非常に強い台風16号は、17日午後3時現在、与那国島の北にあって、1時間に約20キロの速さで北上している。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は65メートルで、暴風域を伴っている。今後、東シナ海上を進み、18日(日)朝には次第に進路を東寄りに変え、連休明け20日(火)には九州に接近するおそれがある。

先島諸島では、17日夜にかけ暴風・高波に警戒

 台風の接近した沖縄県与那国町祖納では、17日午前10時過ぎに、最大瞬間風速66.8メートルを観測した。今後台風は離れていくが、17日夜のはじめ頃にかけ暴風、17日夜遅くにかけて高波、土砂災害に警戒が必要だ。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

 先島諸島は、まもなく暴風域から抜けるが、海上では17日夕方は猛烈な風が吹き、17日夜遅くにかけて非常に強い風が吹く。また、海上では17日夜遅くにかけて大しけが続く。
 17日に予想される最大瞬間風速は、45メートル。17日に予想される波の高さは8メートル

 先島諸島では、17日夜のはじめ頃にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。
 18日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、150ミリ

連休明けには、九州へ接近のおそれ

 台風16号は、今後、東シナ海上を進み、18日(日)朝には次第に進路を東寄りに変え、20日(火)には九州に接近するおそれがある。また、秋雨前線が日本列島に停滞しているため、台風から離れた地域でも接近前から大雨となるところが出てくる見込み。

最終更新:9月17日(土)16時52分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。