ここから本文です

名機復活? ハイエンドな「Nexus 7」タブレットが年内発売か

ギズモード・ジャパン 9/17(土) 14:10配信

7インチでベストなタブレットになりそう…。

すっかりスマートフォンが大型化してしまって、いつのまにか存在意義がなくなり、次々と姿を消していったコンパクトサイズのタブレットたち。なかでも、一時は2万円を切る販売価格で世界を魅了した「Nexus 7」は、いまでも名機だったと懐かしむ声が聞かれます。

2013年に発売されたモデルを最後に、ひっそりと販売終了を迎えたNexus 7。ところが、このほど有名リーク情報源の「@evleaks」ことEvan Blassさんが、年内にもGoogleから新たな7インチタブレットが発売されるとのリークを流していますよ。Huawei製の同タブレットは、なんと4GBものRAMを標準装備するハイエンドモデルになるんだとか!

ちなみに中国経由の別のリークでは、同タブレットのディスプレイはQuad HDの高解像度となり、Qualcomm製の「Snapdragon 820」プロセッサーが搭載されると伝えられています。さらに、ストレージ容量は64GBで、リアカメラの解像度は13メガピクセルという豪華なスペックまでリークされていますね。

まだ、Googleからは公式なアナウンスはされていませんが、実はHuaweiのほうでは「Huawei 7P」なる7インチタブレットの商標登録が済んでいることが報じられています。このHuawei 7Pこそが、「噂のNexus 7」の正体なのかもしれませんね。

なお、同タブレットはNexus 7の後継機種と期待されてはいるものの、リークされているようなハイスペックであれば、あまり低価格での発売は望めないかもしれません。Googleのラインナップには、ハイエンドな「Pixel C」タブレットも並ぶため、どちらかというとPixelシリーズの新モデルに位置づけられるのでは? いろいろ予想は飛び交っていますけど、やっぱりコンパクトなタブレットがほしいという人にうれしい新発表が、まもなく行なわれそうですよ。

source: Android Authority

(湯木進悟)

最終更新:9/17(土) 14:10

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。