ここから本文です

秀島・佐賀市長、救急利用「オスプレイよりヘリが実用的」  佐賀市議会で答弁

佐賀新聞 9/17(土) 11:06配信

 佐賀県佐賀市の秀島敏行市長は16日、陸上自衛隊の新型輸送機オスプレイの救急利用について「佐賀県では実用的ではない」と述べ、ヘリコプターの方が実用的との認識を示した。市議会一般質問で答弁した。

 議員が「ドクターヘリは夜間飛行できない。オスプレイは夜間飛行が可能で、救助で活躍できると思う」と論じ、市長の所感を聞いた。

 秀島市長は「救急運用として見れば、オスプレイは実用的ではないと思う。それよりヘリコプターだ」と答えた。ドクターヘリが夜間飛行できない点については、「夜間でも防災ヘリは運用できる」と語った。

 議会後、報道陣の取材に応じた秀島市長は「距離の離れたところに島がある県などではスピードの出るオスプレイが活躍する場もあるかもしれないが、そうでない場合の急患搬送ではヘリコプターだと思う」と補足した。

最終更新:9/17(土) 11:06

佐賀新聞