ここから本文です

スタミナの怪物カイトはいつまで走り続けるの? カイト「ポグバに信じられないと言われたよ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月17日(土)10時40分配信

36歳になっても普通にフル出場

かつてはリヴァプールでも活躍したフェイエノールトFWディルク・カイトは、15日にヨーロッパリーグ・グループステージで対戦したマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバから称賛の言葉をもらったようだ。

36歳のカイトはこの試合もフル出場を果たしており、相変わらずよく動く。その姿に敵ながらポグバも驚いたようで、試合後にカイトに話しかけにいったようだ。カイトのコメントを英『Squawka』が伝えている。

「試合後にポグバが僕のところにきて、その年齢でまだ走り続けていることが信じられないと言われたよ。彼が僕のことをリスペクトしてくれるのは嬉しいね。なぜなら彼は欧州最高の選手の1人だからね」

カイトはリヴァプールに在籍していた頃から疲れ知らずの選手で、走り続けることでチームに貢献してきた。カイト、そしてカイトの運動量をを失ってからのリヴァプールが苦戦したのも偶然ではないだろう。決して派手なテクニックを見せる選手ではないが、その影響力は絶大だ。

それは36歳になった今でも続いており、13歳後輩のポグバも驚いたようだ。フェイエノールトとしてはマンUを撃破した勢いそのままに決勝トーナメントへ進みたいところだが、36歳カイトはどこまで走り続けるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月17日(土)10時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。