ここから本文です

台風10号の岩手被害1000億円超 県内風水害では過去最大

デーリー東北新聞社 9月17日(土)11時48分配信

 岩手県は16日、台風10号による県内の被害総額が同日午前6時現在で約1056億5800万円に上ったと発表した。県内の風水害被害では過去最大となった。

 県の統計によると、これまでの最高は1981年8月の台風15号で939億円だった。自然災害全般での最高は、2011年の東日本大震災で9112億円。

 分野別の被害状況は、商工関係・観光施設が14日現在より約100億円増加して224億1千万円。農林水産関係は約30億円増えて173億7千万円になった。教育施設は倍増の2億3千万円。このうち、のり面が地滑りした伊保内高(九戸村)は5千万円に上った。

 県によると、復旧作業を優先しているため、被害調査はまだ半分も進んでおらず、被害額はさらに増える見通し。

デーリー東北新聞社

最終更新:9月17日(土)11時48分

デーリー東北新聞社