ここから本文です

布団の引っ張り合いに終止符。ベッドと布団をでっかいクリップで固定するだけ

ギズモード・ジャパン 9月17日(土)19時10分配信

「昨日、布団とられて寒かった」

「え! 最初に寒かったのはこっちやし。布団全部とっとったやん!」

1つのベッドで眠る幸せなカップルにありがちな、こんな会話はもう終わりです。寒い冬はもちろん、エアコンつけて眠る夏でも起る「布団引っ張り合い戦争」、もう戦わなくていいのです。掛け布団を2枚用意する、そもそもパーカーを着て寝るなど、あれこれ試したカップルもいるでしょうが、最善策はこれです。デカクリップ。

「Cover Clamp」は、単純明快シンプルなアイテム。でっかいクリップで掛け布団をはさみ、もう一端はベッドフレームに固定(またはマットレスの下にいれこむ)させます。これだけで、相手がいくら布団を引っ張っても、持っていかれることはありません。布団の中で寝返りを打つことになるだけの話。クリップの引っぱり強度は50ポンド(約22.7キログラム)。お値段は20ドル(約2,000円)。

よりモメ事を回避するためには、これを両サイドにつける必要があるでしょうけどね。ベッドの真ん中でギュっと抱き合って眠ればいいね、なんて言えればいいのだけれどねぇ。ねぇ。

source: Cover Clamp via Dude I Want That

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]

(そうこ)

最終更新:9月17日(土)19時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]