ここから本文です

九州最高齢のラジオ司会者 88歳 FMさせぼ「ダディ田中」 人生相談など人気

長崎新聞 9月17日(土)9時9分配信

 長崎県佐世保市本島町のコミュニティーFM「FMさせぼ」に、九州最高齢のラジオパーソナリティーがいる。88歳。「ダディ田中」こと田中暁(さとる)さん=同市黒髪町=だ。「努力を続ければいいことがあるさ、と放送を通じ伝えたい。生きているうちはラジオを続けたいね」と“生涯現役”を誓う。

 「150種以上集めている」バンダナがトレードマークの田中さんは、知人に誘われたことを機に2011年からマイクの前に座るようになった。

 現在、日曜午前9時から2時間の情報番組「させぼんNEWS」の進行役を務める。国内外のニュースを取り上げる「時事放談」や、新聞や雑誌の相談欄を基にさらに独自の見解を述べる「人生相談」が人気。ナビゲーターの天晴(てんせい)さん(47)との軽妙な掛け合いが受けているという。

 田中さんは、神奈川県横須賀市生まれ。旧日本海軍の重巡洋艦「鳥海」の艦長だった父の官舎があった佐世保に、戦後すぐ移住した。米軍関係の仕事などを経て、市内のホテルに約35年勤務。退職後は、英語力と持ち前の行動力を生かし、さまざまなボランティア活動に取り組んできた。

 そんな人生経験に裏打ちされた語り口がリスナーの支持を集める田中さん。エンディングの決まり文句は「そいぎんた、皆さん次の日曜をお楽しみに」「シミニ!オタノ!」。自身も毎週日曜の朝を、心待ちにしている。

長崎新聞社

最終更新:9月17日(土)9時9分

長崎新聞