ここから本文です

本田のMLS行きはちょっぴり残念? 吉田麻也所属のサウサンプトン指揮官が本田獲得狙っていた

theWORLD(ザ・ワールド) 9月17日(土)11時40分配信

本田自身はMLSに興味か

ミラン所属の日本代表MF本田圭佑は、新たな挑戦としてMLS行きの可能性が噂されている。現在ミランでも定位置を確保できているわけでもなく、今季終了後に退団する可能性が高くなっている。

本田自身もMLSでのプレイに興味があると口にしており、ビッグな本田にアメリカは合っているようにも感じられる。しかし、この判断を残念がっているのが同じ日本代表DF吉田麻也も所属するサウサンプトンだ。

英『Talk Sport』は、サウサンプトンを率いるクロード・ピュエルが本田に関心を示していたと伝えているが、MLSを好んでいる本田がイングランドに来る可能性は少ないと捉えている。

その本田にはMLSのLAギャラクシー、ニューヨーク・レッドブルズ、ニューヨーク・シティFCの3クラブがすでに接触したと言われている。どこも人気のあるチームで、スティーブン・ジェラードやダビド・ビジャら欧州で活躍したスター選手がいるのも特徴だ。

本田には以前サンダーランドやクリスタル・パレスも興味を示していると言われたが、アメリカ挑戦の方が魅力的かもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月17日(土)11時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。