ここから本文です

富山市議会自民 解散を断念 補欠選挙へ/富山

チューリップテレビ 9/17(土) 23:41配信

 政務活動費の不正請求で議員の辞職が相次ぐ事態をうけて自民党会派は16日、総会を開き、ほかの会派との合意形成が難しいとの判断から自主解散を断念し、補欠選挙を行うことを決めました。
 また、有澤会長と高田幹事長は一連の問題の責任を取って役職を辞する考えを示しました。
 自民党会派の議員総会は24人が出席して行われ、今後の対応について協議しました。
 自民党会派では、15日執行部が自主解散を提案し24人の所属議員のうち18人が解散に賛成し、自主解散への流れが強まっていましたが、他の会派との足並みが揃わないことから解散を断念し、補欠選挙を行うことを決めました。
 補欠選挙の決定に合わせ、会派内では不正請求の真相を究明するためのプロジェクトチームを5人の市議と公認会計士で立ち上げました。
 また、一連の問題の責任を取り、有澤(ありさわ)会長と高田(たかた)幹事長は今月21日付けで会長と幹事長を辞する考えを明らかにしました。

チューリップテレビ

最終更新:9/17(土) 23:41

チューリップテレビ