ここから本文です

青山修子/二宮真琴組 わずか56分で優勝決める<女子テニス>

tennis365.net 9月17日(土)18時23分配信

橋本総業ジャパンウィメンズオープン2016

女子テニスツアーの橋本総業ジャパンウィメンズオープン2016(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)は17日、ダブルス決勝戦が行われ、青山修子(日本)/ 二宮真琴(日本)組がJ・ロー(英国)/ A・スミス(英国)組を6-3, 6-3のストレートで下し、見事優勝を飾った。

青山・二宮組 五輪準Vに善戦

この試合、青山/ 二宮組はトータルで6度のブレークに成功し、ロー/ スミス組に挽回を許さず、わずか56分で勝利を手にした。

今大会は、1回戦で第1シードのY・シュー(中国)/ S・ゼン(中国)組を破ると、準々決勝でD・schuurs(オランダ)/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組、準決勝で第3シードのA・クルニッツ/ K・シニアコバ(チェコ共和国)組を下して決勝へ駒を進めていた。

ダブルスでのタイトルでは、青山はキャリア通算6勝目、二宮は初優勝となった。

穂積絵莉(日本)/ 加藤未唯(日本)組は準決勝まで勝ち進んでいたが、ロー/ スミス組にストレートで敗れて決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:9月17日(土)18時23分

tennis365.net