ここから本文です

ダブルスがスタート、第1セットは日本が先取 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/17(土) 11:52配信

 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(大阪・靭テニスセンター/9月16~18日/ハードコート)の2日目。第3試合のダブルスは日本の錦織圭(日清食品/複818位T)/杉田祐一(三菱電機/複640位)がウクライナのアルテム・スミルノフ(複1118位)/セルゲイ・スタコウスキー(複344位)と対戦し、第1セットは日本が6-3で先取した。

【デ杯日本対ウクライナ_WOWOW動画】ダニエルvsスミルノフ、西岡vsマーチェンコ ハイライト、インタビューほか

 初日に行われたシングルスは、第1試合でダニエル太郎(エイブル/単88位)がスタコウスキー(単105位)を7-6(4) 7-6(2) 6-1で、第2試合は西岡良仁(ヨネックス/単96位)がイリヤ・マーチェンコ(単50位)を6-4 5-7 6-4 7-5で破り、2勝挙げた日本がワールドグループ残留に王手をかけている。

 ウクライナはダブルスの試合開始前に、当初予定されていたダニロ・カレニチェンコ(複419位)に代えてスミルノフを起用した。日本の錦織と杉田がダブルスを組むのは今回が初めてとなる。

 日本はイギリス・バーミンガムで行われたワールドグループ1回戦(3月4~6日/室内ハードコート)で前年優勝国のイギリスに1勝3敗で敗退。昨年に続いて残留をかけたプレーオフを戦っている。

 ウクライナはホームで行われたヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(ウクライナ・キエフ/7月15~17日/ハードコート)で、オーストリアを3勝2敗で倒してプレーオフ進出。4度目の挑戦で初のワールドグループ入りを目指している。

 デ杯は3日間にわたって行われる1チーム4人の団体戦(男子国別対抗戦)。初日に「シングルス1、シングルス2」の2試合、2日目にダブルス1試合、最終日に「シングルス1同士」「シングルス2同士」の対戦(リバースシングルス)が行われる。全5試合のうち、先に3勝したチームが勝者となる。

※文中の世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 17: Ukraine team competes against Japan team during the Davis Cup World Group Play-off doubles match between at Utsubo Tennis Center on September 17, 2016 in Osaka, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

最終更新:9/17(土) 17:41

THE TENNIS DAILY