ここから本文です

【MLB】前田健太、5回1失点の力投 球団1年目の新人最多15勝目の権利持って降板

Full-Count 9月17日(土)12時48分配信

2回に失点もその後を零封

 ドジャースの前田健太投手が16日(日本時間17日)の敵地ダイヤモンドバックス戦で5回を3安打6奪三振1失点に抑え、15勝目の権利を持って降板した。白星となれば、球団1年目の新人投手としては最多勝利となる。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 この日は昨季までドジャースに所属したグリンキーと今季2度目の投げ合い。9月5日の初対決では前田が7回途中1失点と好投し、勝利していた。

 迎えた一戦ではグリンキーが初回に2失点。早速リードをもらった前田は初回を3者凡退に抑えたものの、2回にピンチを迎える。1死から5番カスティーヨにセンター前へヒットを浴びると、その後、際どい判定もありトマス、ドゥルーリーと連続四球で1死満塁に。続くハニガーの三ゴロの間に1点を失った。

 それでも3回、先頭のセグラにヒットを許すも、続くオーイングス、ゴールドシュミット、ラムの上位打線を3者連続三振に仕留めると、味方打線が1点を加えた直後の4回は2死一、二塁と得点圏にランナーを背負ったが、グリンキーを遊ゴロに打ち取る。5回も3者凡退に仕留めた前田はこの回で降板した。この日は5回3安打6奪三振3四球1失点で防御率3.24となった。

 前田は5日のダイヤモンドバックス戦で14勝目を挙げ、石井一久氏らが持つ球団1年目の新人最多勝記録に並んでいた。このまま勝てば、記録更新となる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月17日(土)13時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]