ここから本文です

【ブラジル】ウイスキー偽造団摘発 複数企業が関与

サンパウロ新聞 9/17(土) 4:15配信

 リオ州文民警察は13日、ウイスキーとウォッカの密造及び偽造グループの摘発作戦「シカゴ作戦」(Operacao Chicago)をサンパウロ州内で実施し、アメリカーナ市内で男3人を逮捕したほか、サンタ・バールバラ・ドエステとノバ・オデッサの両市内で密造工場並びに空き瓶約20万本を発見した。一味の手によって製造されたウイスキー及びウォッカは、国税局の封印シール(本物)が貼られた状態でリオ州サンゴンサーロ市内とサンパウロ州のカンピーナス地方、ピラシカーバ地方で販売されていた。

 14日付で伝えた伯メディアによれば、「シカゴ作戦」はサンゴンサーロ市内で再利用の空き瓶の保管場所としても使用されていたウイスキー、ウォッカの密造工場が発見されたことを受け、今から約3カ月前に開始された。捜査によれば、カンピーナスとピラシカーバ両地方の複数の企業が、空き瓶の洗浄や封印シールの貼り付けなどで偽造酒の製造・販売の枠組みにかかわっていた。

サンパウロ新聞

最終更新:9/17(土) 4:15

サンパウロ新聞