ここから本文です

チリッチが22歳プイユを倒して1勝1敗 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月17日(土)17時21分配信

 クロアチア・ザダルの室内ハードコートで行われているデビスカップ・ワールドグループ準決勝「クロアチア対フランス」の第2シングルスで、マリン・チリッチ(クロアチア)がルカ・プイユ(フランス)を6-1 7-6(4) 2-6 6-2で下し、金曜日のシングルス2試合の結果を1勝1敗のタイとした。

 この試合に先立ち、フランスは軽快なスタートを切って、ザダルのホームのファンたちを黙らせていた。

日本がダブルスを制し、3連勝でワールドグループ残留決定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が故障でチームを去ったあと、水曜日にはガエル・モンフィス(フランス)も膝の故障でチームを去ることになり、自分がエースとしてシングルスをプレーすることになると知ったリシャール・ガスケ(フランス)。

 ガスケは第1シングルスで19歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)をほぼ支配下に置き、アンフォーストエラーをわずか13本に抑えて6-2 7-6(5) 6-1のストレートで下した。

 この試合をプレーする前、全米オープン1回戦でカイル・エドマンド(イギリス)にストレート負けを喫していた世界ランキング17位のガスケは、第2セットのタイブレークを取ったことが「試合の鍵だった」と話した。

 第2セットでチョリッチはサービスゲームでセットを締めくくることに失敗した。

 ガスケはタイブレークで一時、チョリッチに1-3とリードされながらも巻き返した。逆に3-6とされたチョリッチは2つのセットポイントをしのいで5-6まで追い上げたが、最後はバックハンドをネットに引っかけ、ガスケがセットカウントを2-0とした。

「僕は勝った。それがもっとも重要なことだ。これはデビスカップであり、簡単なことは何ひとつない」とガスケは言った。「セットカウント3-0。それは僕にとって素晴らしい結果だ。彼を走らせるというのが重要な点だった」

(デ杯での)シングルスの記録を12勝8敗としたガスケ。チョリッチをストレートで下すことで、クロアチアのエースであり、ビッグサーバーのチリッチに間接的にプレッシャーをかけた。2014年全米覇者のチリッチはテニス界のライジング・スターのひとりと見なされている22歳のプイユと対戦し、プイユの攻撃を巧みにかわしてみせた。

 チリッチは第2セット6-5から自らのサービスゲームを迎えて40-0としたが、そこから2つのアンフォーストエラーをおかしてプイユにブレークバックを許しまう。セットの行方はタイブレークに持ち込まれたが、チリッチはセットポイントを無駄にしたあとに、最終的にエースでそのセットをもぎ取った。

 先月の全米オープンで準々決勝に進んだプイユは、次のセットの早い段階でブレークを果たし、それからサービスキープをして3-1とリードすると、そのままスムーズに第3セットを取った。

 しかしチリッチは第4セットのプイユの最初のサービスゲームをブレークし、4-2からの第7ゲームで2つのブレークポイントをしのぐと、2本のサービスエースでキープに成功。5-2とリードを広げ、次のゲームで得た最初のマッチポイントをプイユのダブルフォールトによってものにして勝利をつかんだ。

 ニコラ・マウとピエールユーグ・エルベールという世界一ペアを擁するフランスは、クロアチアのイバン・ドディグとマリン・ドラガニャと対戦する土曜日のダブルスで、明らかに有利と見られている。

 反対に、ガスケがチリッチと、プイユがチョリッチと対戦する日曜日のリバースシングルスは結果が読みにくい。勝者は決勝で「イギリス対アルゼンチン」の勝者と対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: Tennis - Croatia v France - Davis Cup Semi Final - Kresimir Cosic Hall, Zadar, Croatia - 16/9/16 Croatia's Marin Cilic reacts during his singles match against France's Lucas Pouille. REUTERS/Antonio Bronic (Croatia)

最終更新:9月18日(日)14時37分

THE TENNIS DAILY