ここから本文です

ユーヴェはレアルやバルサとは違う キエッリーニ「僕たちはレアルじゃないし、今後もそうならない」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月17日(土)19時40分配信

ユヴェントス流の継続を主張

今夏にゴンサロ・イグアインを加えたユヴェントスは、安定した守備に加えて欧州トップレベルの攻撃力を手にした。そのイグアインも開幕から結果を残しており、ここまでは期待通りの働きだ。

しかし、DFジョルジョ・キエッリーニは自分たちがレアル・マドリードやバルセロナのようになったとは考えていない。伊『Calciomercato』によると、キエッリーニは自分たちがレアルのように大量得点を奪うチームではないとコメントし、攻撃陣が豪華になってもユヴェントス流を貫く考えを示している。

「レアル・マドリードは6-2とかで勝てるチームだが、僕たちはそうじゃない。僕たちは1-0や2-0で勝つチームだ。これがユヴェントス流なんだ。毎週3-0で勝とうとは思わない。もちろん成長は必要だけど、僕たちはレアルじゃないし、今後もそうはならない。得点を奪ったら、失点しないことを優先するからね」

イグアインとパウロ・ディバラで何点取れるか期待したくなるところもあるが、やはりユヴェントスの魅力は安定した守備にある。キエッリーニにも自分たちこそチームの主役との考えもあるかもしれない。それはバルサやレアルとは違うスタンスだが、今季ユヴェントス流は国内リーグとチャンピオンズリーグでどのような結果を生むのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月17日(土)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。