ここから本文です

【MLB】田中将大、防御率タイトル獲得なるか? 実現すれば球団36年ぶり快挙

Full-Count 9月17日(土)18時24分配信

ヤンキース先発投手では1980年メイ以来の防御率タイトル

 15日(日本時間16日)レッドソックス戦で7回4安打1失点と好投しながら、勝敗つかずに終わったヤンキース田中将大投手。だが、その防御率は8月上旬をピークに少しずつ降下し、ついにリーグトップの2.97となった。16日現在、規定投球回に達しているア・リーグ先発投手で防御率が2点台なのは、なんと田中だけ。開幕から安定した活躍を披露している右腕は、サイ・ヤング賞候補の声も上がっているが、もしこのまま防御率タイトルを獲得すれば、ヤンキース先発投手では1980年以来の快挙となるそうだ。球団傘下のスポーツ専門チャンネル「YESネットワーク」電子版が伝えている。

際立つ敗戦数の少なさ…田中将大のNPB・MLB通算成績一覧

 多くの名投手を輩出してきたヤンキースだが、実は防御率タイトルには縁が無かった。記事によれば、ヤンキース先発投手で最後に防御率王となったのは、1980年のルディ・メイ(防御率2.46)。その前にも、ロン・ギドリーが1978年(1.74)と1979年(2.78)に2年連続でタイトルを獲得しているが、その後に登場したペティートやムッシーナ、サバシアといった名だたる投手たちでも、防御率タイトルをつかむことはできなかった。

 田中はメジャー1年目の2014年も防御率2.77を記録しているが、この時は右ひじ靱帯に部分的損傷が見つかったため20試合の登板にとどまり、投球回数は136回1/3で規定数に達していなかった。今季はすでに自身最多30試合に先発し、193回2/3を投げているが、なぜこれだけ低い防御率を保っていられるのか。記事では、活躍のカギの1つは「被本塁打数の減少」にあると指摘している。昨年は9回あたり1.5本塁打を許していたのが、今季はほぼ半分の0.8本塁打に減少。一発に泣く試合が減ったというわけだ。

30試合のうち24試合で6イニング以上を投げる持久力

 さらに、今季は安定して長いイニングを投げていることも、防御率降下につながっているようだ。今季先発した30試合のうち24試合で6回以上を投げ、19試合で3失点以下に抑えている。相手打線に得点を許さなかったのは6試合あるが、そのうち2試合で白星を記録していない。記事によれば、今季の田中は打線の援護が3点以下だったことが7試合もあった。これまで30試合で投げて13勝4敗。つまり、13試合で勝敗つかずに終わっているが、チーム自体は9勝4敗と勝ち越しに成功している。以前よりも安定して長いイニングを投げ、失点を少なく抑える試合が増えているのだから、防御率は必然と下がってくるだろう。

 今季ア・リーグのサイ・ヤング賞争いには、クリス・セール、コーリー・クルーバー、ジャスティン・バーランダーらが名を連ね、田中を勝利数や奪三振数などで上回っている。だが、もし田中が防御率2点台のままタイトルを獲得すれば、日本人初サイ・ヤング賞投手が誕生する可能性は一気に高まりそうだ。先発ローテ通りなら、レギュラーシーズン終了までに田中がマウンドに上がるのは、あと2回。このまま防御率を下げ続けることができるのか。チームのプレーオフ進出争いと合わせて、田中の投球内容にも注目が集まる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月17日(土)18時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]