ここから本文です

20歳で年俸約5億円! “ネイマール2世”、今夏の移籍で昨季の年俸を1ヶ月で稼ぐ

theWORLD(ザ・ワールド) 9月17日(土)22時0分配信

複数クラブの獲得争いで年俸が大幅アップ

今夏に開催されたリオ・オリンピックで、ブラジル代表を悲願の初金メダルへと導き、サントスからインテルへ加入した“ガビゴル”ことガブリエル・バルボサ。今回の移籍で、彼の年俸は大幅に上がったようだ。

ガビゴル代理人を務めるワグナー・リベイロ氏がブラジル『YAHOO! ESPORTES』のインタビューで次のように述べている。

「ガビゴルはインテルだけでなく、ユヴェントスやアトレティコ・マドリード、レスターからもオファーが来ていた。彼の獲得を複数クラブが争ってくれたおかげで、我々はインテルと給料面でより良い交渉をすることができたんだ。彼はまだ若いが、クラブの中で最高額の年俸をもらう選手のひとりになったんじゃないかな。彼の年俸は450万ユーロ(約5億1000万円)だ。ひと月あたりだと38万ユーロ(約4300万円)ももらっているね。サントス時代の年俸を1ヶ月で稼いでしまっているよ」

現在20歳のカビゴルは自身初のイタリアで結果を残し、さらに給料を上げることができるのだろうか。彼の今後の活躍に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月17日(土)22時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。