ここから本文です

バルセロナ、新布陣に挑戦 MSNの4ゴールで前節の敗戦を払拭

theWORLD(ザ・ワールド) 9月17日(土)22時5分配信

今季初めて3バックにトライ

リーガ・エスパニョーラ第4節が17日に行われ、バルセロナと昇格組のレガネスが対戦した。試合はレガネスの本拠地ムニシパル・デ・ブタルケで開催され、バルセロナは今季初めてディフェンスラインを3バックにする新布陣で臨んだ。

序盤、バルセロナはレガネスの前線からの守備に苦戦するも、15分にはメッシが先制点を奪取し、試合の主導権を手にする。31分にはメッシがレガネスのディフェンスラインをドリブルで切り裂いてスアレスに横パス。これをスアレスが冷静に流し込んで追加点を重ねた。その後、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスが、ネイマールのゴールをお膳立て。UEFAチャンピオンズリーグのセルティック戦に続き、MSNが揃って得点をマークする。

バルセロナのルイス・エンリケ監督は後半立ち上がりから、マスチェラーノを右サイドバックに、ラキティッチをピボーテの位置に並べて3バックから4バックに変更する。すると54分、ネイマールがボックス内で倒されてPKを獲得。キッカーのメッシがゴール右隅に流し込んで4点目をあげた。その後はスアレスに代えてパコ・アルカセル、ラキティッチに代えてアルダを投入し主力を温存する。

63分には今季初めてスタメン出場の機会を掴んだラフィーニャが、技ありのミドルシュートを決め、レガネスを引き離す。だがレガネスはガブリエウ・ピリスのFKからゴールを奪取し、バルセロナに一矢報いる。試合はそのまま試合終了。バルセロナはレガネスに5-1と快勝し、アラベス戦の敗戦を払拭した。

[メンバー]
レガネス:セランテス、ブスティンサ、インスア、リコ、ビクトル・ディアス、ウナイ・ロペス(→アレクサンデル 61)、メジャニ(→ルベン・ペレス 54)、サストレ、ママドゥ・コネ、マチス(オマル 61)、ガブリエウ・ピリス

バルセロナ:テア・シュテーゲン、マスチェラーノ、ピケ、ユムティティ、ラフィーニャ、ラキティッチ(→アルダ 57)、イニエスタ(→デニス・スアレス 65)、ジョルディ・アルバ、メッシ、スアレス(→パコ・アルカセル 56)、ネイマール

[スコア]
レガネス 1-5 バルセロナ

[得点者]
レガネス:ガブリエウ・ピリス(80)
バルセロナ:メッシ(15、54)、スアレス(31)、ネイマール(44)、ラフィーニャ(64)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月17日(土)22時5分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。