ここから本文です

丸佳浩キャリア初20本塁打も、痛恨の失策に「ああいうプレーはよくない」

Full-Count 9月17日(土)19時45分配信

5回の守備で打球を後逸「ああいうプレーは良くない」と猛省

 広島の丸佳浩が17日の中日戦(マツダスタジアム)で8回に2ラン本塁打を放ち、自身初のシーズン20本塁打に到達した。左翼フェンスぎりぎりの打球を観客がキャッチし、ビデオ判定での一発になったが、自身の失策もあり、試合後の表情は冴えなかった。

MVPに輝くのは誰だ? 広島の投手・野手成績一覧

 2回の攻撃では、新井の二塁打で本塁に突入し、いったんはセーフとなったが、ビデオ判定で覆ってアウトになった。5回の守備では、センター前ヒットとなったゴロの打球を後逸して三塁まで進塁を許し、その後の3失点につながった。

 本塁打で自身初の20号に到達し、打点も90となったが、「打点が多いに越したことはないが、前のバッターのおかげでもある」と喜びもそこそこ。「バッティングの内容が良くても、守備で足を引っ張ってしまったら意味がない」と、失策を猛省した。

「今日は変に気負うことなくいけた」と本塁打を喜びながらも、「今年のチームは、投手を中心とした守りの野球をやっているのに、ああいうプレーは良くない」と、最後まで守備での失敗に対して反省しきりだった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:9月17日(土)19時58分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]