ここから本文です

SB和田ハーラー首位15勝、筒香自身初100打点超え、丸20号…17日プロ野球

Full-Count 9/17(土) 23:00配信

パ優勝争いはSB、日ハム両者勝利で0.5差のまま、阪神4年ぶりBクラス決定

 プロ野球は17日、各地で6試合が行われた。

 セ・リーグは、阪神がDeNAに3-6で敗れ、4年ぶりのBクラスが決定した。阪神は初回にゴメスの22号2ランで先制するも、5回に先発・能見がつかまった。白崎に5号ソロを許すと、2死満塁から筒香に走者一掃の左中間フェンス直撃二塁打を浴びてKO。打線も、2ヵ月ぶりに1軍昇格したDeNA先発のモスコーソを捕まえきれずに敗れた。DeNA筒香はシーズン通算101打点とし、自身初となる100打点の大台に乗せた。

タイトル争いの行方は…NPB各部門の個人成績一覧

 勝てば3位以上が確定するはずだった巨人は,ヤクルトに2-5で逆転負けを喫した。先発・大竹がヤクルト打線を5回まで1失点と奮闘したが、1点リードで迎えた6回に堪えきれず、2死一塁からの2連打で逆転を許して降板した。2番手・山口が2死満塁として降板すると、3番手・田原が山田にレフトへ適時打を運ばれて勝負あり。打線は3点を追う7回に2死満塁の絶好機を迎えたが、村田が内野ゴロに倒れてチャンスを生かし切れなかった。

 25年ぶりのリーグ優勝を早々に決めた広島は中日に3-5で敗れ、本拠地での連勝が12でストップした。先発のヘーゲンズがたびたび走者を背負う苦しい投球で、5回5失点を試合を作れず。打線も4回に1死一、三塁から松山のタイムリーで1点を挙げたが、その後は8回に丸のキャリア初となる20号2ランが出るまで攻め手に欠いた。

 パ・リーグは、首位・ソフトバンクが危なげない試合運びでオリックスを6-3で下した。先発・和田は初回と3回に合計3点の援護をもらった。3四球で球数がかさみ、5回に2失点した後で降板したが、6回には松田、8日には内川がソロ弾で再び援護射撃。和田はリーグ単独トップとなる15勝目でチームを3連勝に導いた。

 首位ソフトバンクを0.5ゲーム差で追う2位・日本ハムは、18安打14得点と打線爆発で、3位・ロッテを相手に14-6で大勝した。先発・増井が初回に2点を失うが、打線がすぐさま援護。2回に同点に追いつくと、3回には打者一巡の猛攻で一挙6点を稼ぎ、試合を決めた。その後も7回に3点、8回に3点を入れて合計14点。9回に4点を返されたが、戦況が変わることはなかった。この日は右翼で先発した近藤が4打数3安打4打点と大活躍だった。

 西武は先発・菊池が6回途中無失点という好投を披露。楽天を3-1で下し、今季12勝目をマークした。マウンド上で奮闘する菊池を打線も援護。3回に2死三塁から相手失策の間に先制点を挙げると、4回には栗山の適時二塁打で2点目、5回には中村が適時打を放って3点目を入れた。8回に4番手・牧田がペゲーロにソロ弾を浴びたが、失点はそれだけ。最後は守護神・増田が締めた。


【セ・リーグ】
◇巨人2-5ヤクルト(東京ドーム)
勝 村中 7勝3敗
敗 大竹 6勝5敗
S 秋吉 18セーブ

◇阪神3-6DeNA(甲子園)
勝 モスコーソ 5勝7敗
敗 能見 8勝12敗
S 山崎康 31セーブ
HR【神】ゴメス22号【De】白崎5号

◇広島3-5中日(マツダスタジアム)
勝 小熊 5勝2敗
敗 ヘーゲンズ 7勝5敗
S 田島 17セーブ
HR【広】丸20号


【パ・リーグ】
◇日本ハム14-6ロッテ(札幌ドーム)
勝 増井 8勝3敗10セーブ
敗 関谷 5勝6敗

◇西武3-1楽天(西武プリンス)
勝 菊池 12勝5敗
敗 則本 10勝10敗
S 増田 24セーブ
HR【楽】ペゲーロ9号

◇ソフトバンク6-3オリックス(ヤフオクドーム)
勝 和田 15勝5敗
敗 ディクソン 9勝10敗
HR【ソ】松田24号、内川18号【オ】糸井16号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/17(土) 23:00

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。