ここから本文です

「人生の大きな力になる」 市長に優勝報告

カナロコ by 神奈川新聞 9/17(土) 8:00配信

 今夏行われた全国高校総合体育大会(インターハイ)水泳競技で女子400メートル自由形と800メートル自由形で優勝した湘南工科大付属高校1年の小堀倭加さん(相模原市緑区在住)と、全国高校定時制通信制体育大会自転車競技で総合優勝を果たした神奈川総合産業高校(同市南区)定時制自転車競技部のメンバーが15日、市役所を訪れ、加山俊夫市長に報告した。

 小堀さんは市立旭中学校出身で背泳ぎが専門だったが、高校に入り自由形に転向。「先輩や同期、先生たちのサポートや応援で優勝することができた」と喜んだ。

 神奈川総合産業高校定時制自転車競技部は、1~3年の7人が出場。キャプテンで3年の砺波光明さんは「先生たちの指導のおかげで、本番で練習以上の力を出すことができた」と笑顔を見せた。

 加山市長は「厳しいトレーニングを乗り越え、素晴らしい成績を残すことができた。これからの人生の大きな力となる」とたたえた。

最終更新:9/17(土) 8:00

カナロコ by 神奈川新聞