ここから本文です

妻夫木聡、“役者の人生を欲しがる”李相日監督と「映画は生きてる」を実感

クランクイン! 9/17(土) 6:50配信

 『悪人』の原作者・吉田修一と李相日監督が再びタッグを組んだ。さらに『悪人』の主演により、役者としての評価を確たるものにした妻夫木聡が参加と聞けば、期待するなというほうが難しい。その作品は『怒り』。果たして出来上がった群像劇は、凄まじい圧を秘めた作品に仕上がった。東京、千葉、沖縄を舞台に紡がれる3つの物語の東京編によって、作品全体をけん引する妻夫木と、「役者の人生を欲しがる」という李監督への単独インタビューに、“凄み”が湧き出す理由が垣間見えた。

【関連】妻夫木聡&李相日監督インタビュー<フォトギャラリー>


 「いやー、もう立てなかったですね」と完成作を振り返った妻夫木。「隣に(宮崎)あおいちゃんと、(原)日出子さんもいたんですけど、3人とも立てなくて。しばらくしてお母さん(李監督作『69 sixty nine』と同じく、本作でも原が妻夫木の母親役)に、『じゃ、行こっか』って引っ張ってもらってようやく立てた(苦笑)。圧倒されたのと同時に、ほんのちょっとだけ、針で刺した穴ほどの希望の光のようなものがあって、なんとか伝っていかないと、という不思議な思いでした」。

 妻夫木が演じるのは、ゲイの優馬。綾野剛扮する住所不定の直人と同棲を始めるも、次第に直人を、ある未解決殺人事件の犯人ではと疑い始める。綾野と実際に生活をともにしていたとイベントで告白して早くから話題になったが、優馬には、直人と出会う前の人生もある。

 妻夫木が明かす。「撮影に入る3ヵ月前くらいから、ゲイ友達役のみんなとご飯を食べたり、(新宿)2丁目に行ったりを繰り返してました。ホテルを借りて、音楽を流して疑似パーティをやって、みんなでジャグジーに入ったり」。その世界を知るため、優馬が直人と出会うハッテン場であるサウナの受付でもバイトした。「自分はスイッチ役者じゃないので」と妻夫木。「『悪人』以降ですかね。考える自分を捨てていって、自分がその役、その人になればいいという思いになっていった。李監督だって、パチっとスイッチが入る役者だったら、OKってなるでしょうけど、僕はそんな器用じゃないから」と笑うと、李監督が応じた。

 「パチっとなる役者はあまり信用してないかも。僕はよくばりなんですよ。映画に向き合う期間、その時間、その役者さんの人生を欲しがるんです。大げさに言うとね。だからカメラの前だけでパチっとやられても物足りない。当然、撮影が終わったら本人に戻っていいわけですけど、でもこの映画に入っている間は、妻夫木聡ではなく、優馬の人生であってほしい。妻夫木くんとは3回目だから、自分からそこに向かってくれる」。


 綾野の存在も大きかったと妻夫木。「優馬は直人がいないと成立しない。剛じゃないと無理でしたね。一緒に住んでみようなんて、実際にできる人は、そういないと思います。作品とともに生活して、本当にひとつの恋愛をふたりで体験できた感じがあります」。

 東京編のみならず、千葉編、沖縄編も観る者にグイグイと迫り、浸食してくる。「他人事じゃなくなるんだよね。僕らは実際に身近な誰かを殺人犯かもしれないと疑ったこともなければ同性愛者でもない。自分の人生とは違うはずなのに、いつのまにか自分を見ている感覚になっていく」と語る監督に、妻夫木も強く同意した。「そうなんですよ。最終的に自分の物語になっちゃってるんです。生きてるんですよね。本当に、映画って生きてるんだなって」。この実感、本作を観れば、頷けるはずだ。(取材・文・写真:望月ふみ)

 『怒り』は9月17日より全国東宝系にて公開。

最終更新:9/17(土) 6:50

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革