ここから本文です

ホンダ「難しいサーキットだが方向性は定まった」/シンガポールGP金曜

オートスポーツweb 9月17日(土)6時5分配信

 2016年F1シンガポールGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは11位/9位、ジェンソン・バトンは16位/12位だった。

2016年シンガポールGP フェルナンド・アロンソ、ファンの少年とハイタッチ

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 FP1からFP2にかけてコンディションが大きく変化するため、一日を通してマシンがどのような挙動を見せるのか予想するのは簡単ではありません。今日はふたつほど小さな問題が起きましたが、2回のセッションを予定どおりに進めることができたと思います。

 主にセットアップ変更の作業に集中し、タイヤの使い方、シャシーとパワーユニットのバランスを確認しました。ホンダとしては主に、シンガポール市街地コースのストップ&ゴーの特徴にセットアップを合わせることに焦点を置きました。

 FP2では、複数のタイヤコンパウンドを使ってロングランペースと安定性をテストし、土曜と日曜に向けてたくさんのデータを集め、方向性を定めることができたので、今夜、最後の確認と調整を行います。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月17日(土)7時46分

オートスポーツweb