ここから本文です

ルノー「バンプを考慮し、セッティングを調整する必要がある」:シンガポール金曜

オートスポーツweb 9月17日(土)15時2分配信

 2016年F1シンガポールGPの金曜プラクティスで、ルノーのケビン・マグヌッセンは18位/16位、ジョリオン・パーマーは17位/17位だった。

F1最新フォトコーナー

 チーフテクニカルオフィサーのボブ・ベルは、マシンバランスは悪くはないが、コースのバンプに対応するため、セッティングをさらに改善する必要があると述べている。

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン フリー走行1=18位/2=16位
 今日は何のトラブルも起こらず、必要なことをすべて実行できた。前回より上を目指しているので、明日はさらに速さを引き出したい。 

 走っているととても暑かったけど、意外なことは何も起きなかったので、週末を通して進歩していけるはずだ。 

ジョリオン・パーマー フリー走行1=17位/2=17位
 今日は特に問題もなくスムーズな一日だった。やろうと思っていたことをすべてやり遂げられたのでよかったよ。 

 セッションごとにグリップレベルが向上しているし、セットアップに関して堅実なベースを築くことができている。

 それにしても、このサーキットのラップは本当に特別だね。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月17日(土)15時20分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。