ここから本文です

ロズベルグが再びトップタイム 【タイム結果】F1第15戦シンガポールGP フリー走行3回目

オートスポーツweb 9月17日(土)20時9分配信

 2016年F1第15戦シンガポールGPの土曜フリー走行3回目は、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムをマークした。

 予選前、最後のフリー走行は、各車がセッション開始と同時にロングランのテストを行うべく周回を重ね、タイムシート上はメルセデスのワン・ツー体制でセッションは進んでいく。

 残り15分を切ったところで、各陣営がウルトラソフトタイヤを投入し、予選シミュレーションを開始。ロズベルグがトップタイムを更新した直後、ルイス・ハミルトンもアタックのシミュレーションに入るが、ターン7の進入でブレーキロック。フラットスポットを作ってしまい、タイム更新はならず。マックス・フェルスタッペンがロズベルグのタイムに肉薄し、2番手タイムを記録した。

 フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは6番手と昨日に続き好調ぶりをアピール。トロロッソの2人もトップ10に入っており、ポールポジション争いだけでなく、Q3進出を懸けた争いにも注目だ。

 シンガポールグランプリの予選は、このあと22時(現地時間21時)から行われる。
  
Pos./No./Driver/Team/Time/Laps
1/6/N.ロズベルグ/メルセデス/1'44.352/15
2/33/M.フェルスタッペン/レッドブル/1'44.411/15
3/7/K.ライコネン/フェラーリ/1'44.860/15
4/3/D.リカルド/レッドブル/1'44.903/12
5/5/S.ベッテル/フェラーリ/1'45.104/13
6/27/N.ヒュルケンベルグ/フォース・インディア/1'45.316/13
7/26/D.クビアト/トロロッソ/1'45.503/19
8/44/L.ハミルトン/メルセデス/1'45.806/9
9/55/C.サインツJr./トロロッソ/1'45.879/17
10/77/V.ボッタス/ウイリアムズ/1'45.947/16
11/11/S.ペレス/フォース・インディア/1'46.112/15
12/14/F.アロンソ/マクラーレン/1'46.164/13
13/21/E.グティエレス/ハース/1'46.316/16
14/19/F.マッサ/ウイリアムズ/1'46.529/17
15/20/K.マグヌッセン/ルノー/1'47.116/11
16/22/J.バトン/マクラーレン/1'47.277/16
17/12/F.ナッセ/ザウバー/1'47.293/18
18/8/R.グロージャン/ハース/1'47.411/20
19/9/M.エリクソン/ザウバー/1'47.956/20
20/30/J.パーマー/ルノー/1'48.689/13
21/94/P.ウェーレイン/マノー/1'49.201/10
22/31/E.オコン/マノー/1'49.565/14


[オートスポーツweb ]

最終更新:9月17日(土)20時44分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]