ここから本文です

ゆいレール全駅の昇降機、9月中に復旧へ 部品調達急ぎ計画を前倒し

沖縄タイムス 9/17(土) 9:35配信

 故障したまま修理されていない「ゆいレール」駅舎の昇降機(エレベーター・エスカレーター)が、今月中に全駅で復旧する。モノレールを管理する沖縄都市モノレール社(モノ社)と国、県、那覇市の4者が16日、非公開であった第3回検討会で報告された。壺川駅は28日、美栄橋駅は30日に正常化する。いずれも部品の調達を急ぎ、計画を前倒しした。

 検討会ではモノ社の裁量権を拡大し、同社の判断で修繕工事を一元的に発注できるようにすることを確認。国、県、那覇市それぞれが修繕計画を踏まえた費用を当初予算に十分盛り込むことで、工面に時間がかからないようにする。

 修繕工事の発注作業や計画作りなどに必要な人員についてはどの機関がどう確保するか、10月中旬予定の第4回検討会で話し合う。

 第3回検討会では、モノ社のあり方を議論する参考として県外の同業5社の運営体制が報告された。5社とも修繕工事を発注できる裁量権を与えられており、道路管理者が費用を精算する方式になっていたという。

最終更新:9/17(土) 9:35

沖縄タイムス