ここから本文です

化粧品事業に本格参入 前田薬品工業、持ち株会社も設立

北國新聞社 9月17日(土)3時11分配信

 前田薬品工業(富山市)は、化粧品製造販売の新会社skineee(スキニー、同)を設立し、化粧品事業に本格参入する。同社と前田薬品工業、関連会社のGEN風景(同)を統括する持ち株会社、前田ヘルスケアホールディングス(富山市)を28日付で設け、顧客の健康と美容をトータルでサポートしていく。

 前田薬品工業は目薬、貼り薬など外用剤事業に特化しており、アトピー性皮膚炎や湿疹などの治療剤を提供する。新会社のスキニーは、肌の環境を整えて病気を予防する基礎化粧品を手掛けていく。GEN風景はアロマオイルを取り扱う。

 前田薬品工業の2016年9月期の売上高は前期比15%増の27億5千万円で過去最高となる見通し。経常利益は3期ぶりに黒字転換し、経営効率化のめどがつき、事業の強化を決めた。

 来夏には中国、台湾への輸出を開始し、いずれはタイ、ベトナムなどの東南アジア各国にも展開していく。前田大介社長は「予防から治療、アフターケアまで、お客さまの健康を支援していきたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:9月17日(土)3時11分

北國新聞社