ここから本文です

リヴァプールがチェルシー撃破、暫定4位浮上! コンテ監督はプレミア初黒星

SOCCER KING 9/17(土) 8:58配信

 プレミアリーグ第5節が16日に行われ、チェルシーとリヴァプールが対戦した。

 開幕3連勝と好スタートを切ったチェルシーだが、11日の第4節ではスウォンジーと2-2の引き分けに終わった。ホームで迎える今節、先発メンバーにはエンゴロ・カンテやオスカル、エデン・アザール、ウィリアン、ジエゴ・コスタらが名を連ねた。パリ・サンジェルマンから復帰したダヴィド・ルイスも先発出場し、チェルシーでの“再デビュー”を果たした。

 一方、開幕4試合を終えて2勝1分け1敗のリヴァプール。開幕戦でアーセナル、第4節で王者レスターから各4ゴールを奪って勝利を収め、第3節ではトッテナムを相手にアウェーで引き分けと、昨シーズンの上位クラブから勝ち点を奪っている。今節の先発メンバーには、GKシモン・ミニョレやデヤン・ロヴレン、ジョーダン・ヘンダーソン、アダム・ララーナ、ダニエル・スタリッジ、ロベルト・フィルミーノらが名を連ねている。

 均衡が破られたのは17分、先制したのはアウェーのリヴァプールだった。セットプレーの流れからフィリペ・コウチーニョが左サイドでボールを持ち、ファーサイドへクロスを送る。相手のマークを外して2選手がフリーとなり、大外から走り込んだロヴレンが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 リードを奪って優位に立ったリヴァプールはさらに36分、相手DFのクリアをペナルティーエリア左手前で拾ったヘンダーソンが右足を一閃。鮮やかな軌道を描いたシュートがGKティボー・クルトワの頭上を越え、ゴール右隅へ吸い込まれた。ヘンダーソンのスーパーミドルで、リヴァプールがリードを2点に広げた。

 前半を2-0で終え、迎えた後半。2点を追うチェルシーは61分に反撃のゴールを挙げる。左サイドからの攻撃で縦パスをつなげ、スルーパスを受けたネマニャ・マティッチがゴールライン際でボールを持つ。マティッチは落ち着いて中央へ折り返し、D・コスタが合わせてゴールネットを揺らした。

 1点差に迫ったチェルシー。同点ゴールはなかなか決まらず、83分にヴィクター・モーゼス、84分にはセスク・ファブレガスとペドロ・ロドリゲスを投入して攻撃陣の活性化を図ったが、最後まで2点目を奪うことはできなかった。

 試合は2-1で終了。リヴァプールが1点差で逃げ切り、勝ち点を「10」に伸ばして暫定4位に浮上した。次戦は20日、フットボールリーグ・カップ3回戦でダービー(2部)と対戦。リーグ戦の次節は24日、ハルをホームに迎える。

 一方、アントニオ・コンテ監督の就任後、プレミアリーグで初黒星を喫したチェルシーは次戦、20日のフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)で日本代表FW岡崎慎司のレスターと対戦。リーグ戦の次節は24日、アーセナルとのアウェーゲームとなっている。

【スコア】
チェルシー 1-2 リヴァプール

【得点者】
0-1 17分 デヤン・ロヴレン(リヴァプール)
0-2 36分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
1-2 61分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)

SOCCER KING

最終更新:9/17(土) 8:58

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。