ここから本文です

イグアインが代表復帰! アルゼンチン、W杯南米予選にメッシら招集

SOCCER KING 9月17日(土)11時45分配信

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は16日、10月に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選2試合に臨む同国代表の外国クラブ所属メンバー24名を発表した。

 アルゼンチン代表は9月1日の南米予選第7節ウルグアイ代表戦は1-0で制したものの、6日の第8節ベネズエラ代表戦では最下位を相手に2-2と痛恨の引き分けに終わった。勝ち点15で3位につけているものの、首位から転落することとなった。

 今回、発表されたメンバーは外国クラブに所属している選手のみのリストとなっている。代表引退を撤回し、“復帰戦”となったウルグアイ代表戦で決勝ゴールを挙げたFWリオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)やMFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/イングランド)らが順当に選出されている。

 また、9月の2試合に臨んだ代表メンバーからは外れていたFWゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/イタリア)も復帰した。8月16日付のアルゼンチンのテレビ局『TyC Sports』によれば、同選手はエドガルド・バウサ監督に対して「自分は代表チームに選ばれることを望んでいない」と告げた模様で、招集を拒否したと報じられていた。代表引退の可能性も取り沙汰されていたが、今回のメンバーリストには名を連ねている。

 アルゼンチン代表は南米予選第8節を終えて4勝3分け1敗、勝ち点15の3位。10月6日にペルー代表とアウェーで、11日にパラグアイ代表とホームで対戦する。

 外国クラブ所属選手から選出されたアルゼンチン代表の24名は以下のとおり。

▼GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U/イングランド)
ナウエル・グズマン(UANLティグレス/メキシコ)

▼DF
ラミロ・フネス・モリ(エヴァートン/イングランド)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U/イングランド)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C/イングランド)
パブロ・サバレタ(マンチェスター・C/イングランド)
ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)
マルティン・デミチェリス(エスパニョール)
ファクンド・ロンカリア(セルタ/スペイン)
マテオ・ムサッキオ(ビジャレアル/スペイン)

▼MF
エリク・ラメラ(トッテナム/イングランド)
ルーカス・ビリア(ラツィオ/イタリア)
エベル・バネガ(インテル/イタリア)
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ/スペイン)
マティアス・クラネビッテル(セビージャ/スペイン)
アウグスト・フェルナンデス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ニコラス・ガイタン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)

▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード/スペイン)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/イングランド)
ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/イタリア)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス/イタリア)
ルーカス・プラット(アトレチコ・ミネイロ/ブラジル)

SOCCER KING

最終更新:9月17日(土)11時45分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]