ここから本文です

バルセロナがマルキーニョスへ関心強める 1月の加入目指し約68億円準備か

SOCCER KING 9月17日(土)12時58分配信

 バルセロナがパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFマルキーニョスの獲得準備を進めている。16日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 今夏の移籍市場でリヨンからフランス代表DFサミュエル・ユムティティを獲得したバルセロナ。同選手はすでにリーガ・エスパニョーラで先発出場を果たすなど一定の活躍を見せているが、クラブは更なる守備力の充実を画策しているようだ。

 同紙によると、バルセロナはマルキーニョスの獲得へ向けて6000万ユーロ(約68億4000万円)を用意した模様。今冬の契約締結を目指しているという。

 現在22歳のマルキーニョスは、昨年3月にパリ・サンジェルマンと2019年まで契約を延長した。同選手はこれまでにパリ・サンジェルマンで公式戦通算119試合に出場。今シーズンも13日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のアーセナル戦などに出場している。

SOCCER KING

最終更新:9月17日(土)12時58分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。