ここから本文です

レギア・ワルシャワ、CLレアル戦が無観客試合に? 過激行動連発で処分か

SOCCER KING 9/17(土) 13:28配信

 11月2日に予定されているUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節の、レギア・ワルシャワとレアル・マドリードの一戦が無観客試合となる可能性が浮上した。16日付けのスペイン紙『アス』が報じている。

 レギア・ワルシャワは14日、CLグループステージ第1節でホームスタジアムのスタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦。0-6と大敗した同試合では、レギア・ワルシャワのサポータによる過激な行動が注目を集めていた。

 同紙によれば、レギア・ワルシャワの過激派サポーターであるウルトラスが、警備員を殴ったり催涙スプレーをかけたりしたという。また、試合前には数多くの発煙筒が見られたほか、ドイツ人に向かって物が投げられたり、差別的なチャントが歌われていたようだ。

 試合後、クラブは差別的なチャントが歌われたことを否定。その他の過激な行動に関しては、非難する姿勢を明らかにしている。

 この一件に関してUEFA(欧州サッカー連盟)は分析を進めており、9月28日の会議で処分を決定するという。1試合以上の無観客試合も検討されている模様だ。これが適用されれば、ホームで行われる11月2日のレアル・マドリード戦や、12月7日のスポルティング戦をサポーターが観戦することはできなくなる。

 レギア・ワルシャワは今シーズン、20年ぶりにCL本戦出場。しかし、チームのパフォーマンスよりもファンによる残念な行為が話題になってしまった。

SOCCER KING

最終更新:9/17(土) 14:42

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]